Twitter始めました!➡詳しくはこちら

大学か専門学校か??

  • URL Copied!

みなさんこんにちは。

先日は看護師を目指すきっかけとなった出来事をお話させていただきました。

今回はその続き。大学受験についてのお話をしていきます。

なぜ大学なのか

目次

私が大学を選んだ理由

私は前回もお話をした通りがん看護について勉強をしたいと強く思っておりました。

いろいろと調べていく中でがん看護専門看護師というものがあることを知りました。

専門看護師にはがん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、家族看護、在宅看護、遺伝看護、災害看護があります。

専門看護師の役割と専門看護師になるまでの道のりとは

専門看護師は、専門看護分野において以下の6つの役割を果たします。

1.個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する。(実践)

2.看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。(相談)

3.必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。(調整)

4.個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決を図る。(倫理調整)

5.看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。(教育)

6.専門知識及び技術の向上並びに開発を図るために実践の場における研究活動を行う。(研究)

出典:公益財団法人 日本看護協会

役割については上記の通りとなります。次になるための道のりについてです。

出典:公益財団法人 日本看護協会

専門看護師になるための審査を受けるためには大学院へ通うことが必須です。大学院に進むには大学で学士を習得しなければならないため、大学を卒業して看護師になることが一番の近道です。専門看護師を目指したいと高校生から考えていた私は大学進学1本にすることとしました。

大学受験

大学受験では苦戦しました笑。前期では合格できず。第一志望の学校はもちろん不合格。滑り止めとして受けていた大学にも落ちてしまいました。模試はA判定だったのに・・・笑 

はじめは第一志望の大学にこだわっていたので、浪人をして再度来年受けようと思いました。ただ、浪人することでお金もかかってしまうこと、学歴に浪人とつくのがいやになってしまったこと、家族が最後まで支えてくれると話してくれたことをきっかけに、3月の後期受験をすることとなりました。受験できる学校が限られていたため、滑り止めとして専門学校(募集人数3名)と前期で滑りどめとして受験していた大学(募集人数2名)を受験することとしました。

そこで大学と専門学校は何が違うのかみていきましょう。

大学と専門学校の違い

専門学校は3年間の課程、大学は4年間の課程です。

どちらも看護師となるための知識・技術は同じように身に着けることができます。

それではそれぞれのメリットを確認していきます。(こちらは私が個人的に感じているメリット・デメリットとなりますので参照程度でお願いいたします。)

専門学校

メリット:①3年課程のため大学より1年早く看護師になることができる ②実践を短期間で学ぶことができる    ③学費が安い ④少人数のことも多く手厚い授業が受けられる

大学

メリット:①一般教養を学んだ上で看護学を学んでいくため幅広い知識を得ることができる ②多学科もあるため多職種連携を学ぶことができる ③看護研究を行えるため就職後役立つことが多い。④助産師・保健師を在学中にとることができる学校もある ⑤学士の取得が可能であり大学院への進学も可能(専門看護師への近道)

どちらもメリット・デメリットがあります。実際就職してから大卒か専門卒かはわからないことが多いです。大学卒業だと同期に年下がいることもあります。卒業して就職してから大学でよかったと思うことは給料が高いことでしょうか。4年間経過した今でもその程度しかメリットを感じていません笑。今後進学をしたい方はしっかりと調べたうえで自分が納得できる進学選択ができると良いのではないかと思います。

お給料について知りたい方はこちらも読んでください

受験結果

2つの学校とも募集人数が少ないため合格はできないのではないかと思っておりましたが無事両方合格。合格できるとは思っていなかったので「また不合格の通知が来るのかな・・・」と不安でしょうがなかったことを覚えています。自宅に届いた封筒を開けると合格の二文字。また、ネットで大学の合格発表を見ると合格。かなりびっくりしました。

専門学校ではわからない問題も多く、途中で寝てしまったのです。また、面接で前期受験をしなかった理由を問われると「第一志望の大学と受験日が重なっていて」と答えたのでもう終わったと思っていました。こんな私でも合格できたので皆さんなら大丈夫です!!笑

それでは、両方無事合格したので進学先決定についてお話をしていきます。先ほども話した通り①学士が取得でき、専門看護師への近道となること②就職後も大学卒業者の方が給料が高いこと③看護師も大学卒業者が増えており、ステップアップをしたいときに大卒は必要だと思った この3点を考え、大学進学を決めました。

また、合格した大学が自宅から1駅先のところにあり、かなり近かったこともあり、大学に決めました。

自宅から近いメリットとしては看護学生は単位数も多いため、授業が夜遅くまであることも多いです。そのため自宅から遠いところに通っていると疲労感がすごいそうです。(同級生の体験より)そのため、自宅からの距離も進学先決定には重要な部分かと思われます。

また、自宅から大学が近いことでアルバイトもできました。アルバイトをしていたことで自分で使えるお金があったので遊びに行くこともたくさんできました。ちなみにアルバイトについての記事はこちらなので読んでみてくださいね。

それでは今回の記事は以上になります。今高校生で大学か、専門学校か決めかねている方は色々と調べてみて、自分の納得のできる進学先決定になることを心から祈っております。

次回は大学時代のお話をしていきます。座学・実習・国試に分けてお話をしていきます。看護師を目指している看護学生さん・高校生向けのものになるかと思いますので是非そちらも読んでいただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる